耳湿疹の口コミ「外耳道湿疹でした」 | 新宿駅前クリニックなどの耳鼻科の口コミ・評判

新宿駅前クリニックなどの耳鼻科の口コミ・評判
Home » 耳湿疹 » 耳湿疹の口コミ「外耳道湿疹でした」
ribbon

耳湿疹の口コミ「外耳道湿疹でした」

かすみさん 30代 女性

普段から右の耳ばかりにかゆみがあり、乾燥タイプなので、耳掻きを使うのですが、耳あかが多く、ときにはカサカサした耳あかというよりもねっとりした耳垢や、耳から水が出てくる感じです。

そして、耳垢はかなり臭いもあります。

このにおいがどの程度周りに伝わっているのかは分かりませんし、いつも右側だけというのも不思議でした。

指や耳掻きをつかうのですが、使いすぎて時々ちがでることもありました。

右耳ではなにが起こっているのか不安に思い、一度耳鼻科に行きました。

右耳ばかりかゆくなったり、耳垢がでたり、耳掃除ばかりをしているので、左右の耳でどのような違いがあるのか、とても興味深かったのですが、お医者さんの診断はどちらの耳も耳垢がなく、きれいだとのことで少し拍子抜けしていましいました。

そして、なぜ右側の耳だけがかゆかったりそちらにばかり耳垢ができるのかという理由についても説明してもらいました。

外耳道湿疹といって、綿棒や耳かきで外耳道を掃除する習慣がある人に起こるらしく、外耳道には基本的には自浄作用があるため、いつもきれいなのですが、綿棒や耳かきで外耳道を掃除すると、皮膚を傷つけ、この自浄作用を妨害してしまうそうで、何もしない左耳はそのままで、かゆくて耳掻きをする右耳は、またかゆくなるそうです。

納得のいく説明だったのですが、なかなか耳掻きはやめられず、くろうしています。特にお薬もなく、我慢といわれ、修行の日々です。

ゆきさん 20代 女性

中耳炎の治療中に半透明の黄色の耳だれがずっと出ており、医師に10日程度でおさまると言われていた耳だれが、おさまるどころか半透明の黄色から無色透明へ色が変化したと同時に、耳だれの量が多くなったことに不安を抱いたのがそもそものきっかけです。

おかしいな、と思いつつも中耳炎が治る過程の一環であると捉えており放置していると、中耳炎では感じなかった強い痒みが出てきた為、何か違う感染症になったのではないかと考え、再度受診することにしました。

診察を受けると、中耳炎の治療中に出てきた半透明の黄色の耳だれが気になって、指や綿棒でほじくり返すように耳の中をいじりすぎてしまったことが原因で炎症を起こしており、中耳炎は完治しているものの外耳湿疹を合併症状として発症していると診断されました。

極度の痒みが出ることが特徴の病気ですが、痒くても指で触らないことや、綿棒を使用しないこと、またシャワーの際に水が入らないように気をつけることなど日常生活における注意点を伝えられました。

薬はステロイド軟膏を出してもらい、軟膏自体に痒み止めの効能はありませんでしたが、毎日軟膏を塗ることで湿疹自体の症状が良くなってきたのか自然と痒みや耳だれがおさまってきました。1週間後には耳だれは完全になくなり、さらに数日後には痒みも治り完治しました。"

耳湿疹 | 11月24日更新