気管支炎 Archives | 新宿駅前クリニックなどの耳鼻科の口コミ・評判

新宿駅前クリニックなどの耳鼻科の口コミ・評判
ribbon

気管支炎の口コミ「点滴によって、ぐっすり眠れるようになりました」

れんさん 40代 女性

39度くらいの高熱が続き内科にいったところ、風邪と診断されました。

薬により熱は下がりましたが咳が止まらず再度受診したところ「肺炎」と診断されました。

しばらくたっても治らないためもう一度病院に行くと今後は「気管支炎」といわれ薬をもらったのですが、それでも回復しなかったのです。

そこで違う病院に行き、ふと父親も喘息だったことを思い出して、呼気を使った検査をしてもらったところ「喘息」という診断結果となりました。

かなりひどい状態だったらしく数日間毎日点滴をすることとなりましたが、その点滴のおかげでかなり楽になりました。

最初のうちは夜もねむれないほどの苦しさでしたが、点滴によって、ぐっすり眠れるようになりました。

現在は、

・飲み薬

・吸入薬(毎日使うものを2種類)

・吸入薬(発作時)

・頓服(ひどく苦しいとき用)

の薬を処方されて、服用しています。

疲れがたまったりすると調子が悪くなることもあるのですが、きちんと対処してもらえたおかげか、普段は平常時と変わらない生活を送ることができています。

風邪を引いたときは喘息の症状も出やすいため薬が手放せなくなりますが、そのとき以外は特に大きな不便を感じることなく暮らしています。

(さらに…)

気管支炎 | 12月26日更新
ribbon

気管支炎口コミ「一週間ほどで落ち着きました」

ミホさん 女性 30代

もともとは、夏風邪を引いており、1週間ほど体調不良でした。
しばらくして、その風邪が治ったと思ったら、ほかの症状はすっかり消えているのにも関わらず咳だけがずっと止まりませんでした。
「まだ風邪が治りきっていないのかな?」と思い、放っておいたら、かなりひどい咳が出はじめました。
とくに、夜になると咳がひどくなり、眠れなくなるほどになってしまったので、「これはなんだかおかしい」と思って、病院を受診することに決めました。

はじめに電話をして、受付の方がとても感じが良く、好感が持てました。
私が電話口でも咳こんでいたのを聞いたその受付の方が、いろいろと心配してくださり、なるべく病院が空いている曜日や時間帯を教えてくださったので、安心して受診することができました。
病院では、まあまあ待ちましたが、待合室が快適だったため、そこまで苦にはなりませんでした。
先生はとても優しくて、親切な方で、しっかりと診察をしてくださいました。
「急性気管支炎」と診断され、クラリス錠200というお薬を処方していただきました。
1週間ほどで症状も落ち着きました。

(さらに…)

気管支炎 | 07月18日更新
ribbon

気管支炎 口コミ

kanaさん 20代 女性

咳が止まらない、痰が出しづらい、微熱といった症状が1週間以上続いたので診察を受けました。
市販の風邪薬を服用したものの、一向に咳が治まる気配が感じられず、「もしかしたら大きな病気なのではないか・・・」と不安に感じてしまいました。
また、咳の回数や音等で、仕事にも支障が出てしまいました。
更にネットで調べてみると、普通の風邪もしくは気管支炎の場合が多いとのことで、総合内科に行くことを決意。
病院で診察を受けました。

私には発達障害があり、その影響でお医者様に症状を伝えるのも困難を要しています。
しかし、その旨も問診票に記入したからか、先生はきめ細かく質問して下さったり、薬の飲み合わせについての配慮もしてくれました。
スタッフの方も看護師さんもとても優しく、丁寧な対応で安心して診察を受けることが出来ました。
血液検査も、ベッドで寝た状態で受けさせていただきました。
診察の結果、気管支炎だということで、咳を治める薬と痰の排出を促す薬を処方してもらいました。
発達障害の薬の関係で強いものは出せないとのことでしたが、薬よりも先生の優しさ、きめ細かさに安心しました。
2週間かけて薬を服用し、気管支炎を治すことが出来たのは先生の対応のおかげだと思います。

しゃんしゃん 40代 女性

はじめは、いつもの風邪のような症状が1週間くらい続いていたので、またいつものことかと、市販の風邪薬を飲んでいましたが、その後も、咳の症状だけは治る気配がなく、
気が付けば、2週間以上たってしまい、さすがに、これはただの風邪じゃないのではないか、と心配になり、受診することにしました。
毎日毎日、なかなか夜も眠れないほどの激しい咳が続いていましたので、だんだんと体重も落ちてきて、ふらふらするし、すごく心配でした。

もう待合室でも咳が出まくりで、マスクをしてはいましたが、周りの患者さんからは、大丈夫?という目と、白い目とで見られ、いたたまれない感じでしたが、診察室では、先生や看護婦さんには、お気の毒に、しんどいね、という優しいお言葉をかけていただけて、涙が出そうなくらい、うれしかったです。

そして、症状を聞いた先生が、レントゲンを依頼してくださり、結果を聞くと、納得の気管支炎でした。
あまりのしんどさに、受診して良かったのですが、もっと早くすれば良かった、ととても後悔しました。

我慢しすぎてしまっていました。
耐えればいい、というものではないな、とその時わかりました。
先生や看護婦さんも、何かあったら無理せず受診した方がいいよ、と教えてくださいました。
それから、処方して下さった薬で結構早く治ってしまいました。

気管支炎 | 05月30日更新