副鼻腔炎 Archives | 新宿駅前クリニックなどの耳鼻科の口コミ・評判

新宿駅前クリニックなどの耳鼻科の口コミ・評判
ribbon

副鼻腔炎の口コミ「適切な処置をすればすぐ良くなる」

こさみさん 30代 女性

いつも風邪を引いた後、急性副鼻腔炎になっては自然に治るということを繰り返していました。

しかし今年の春に風邪を引いた後、しばらくたっても急性副鼻腔炎が治らず、どんどん頭痛がひどくなってしまいました。

更に喉のほうに鼻水が垂れている感覚があり、毎日とても不快に思うようになりました。

副鼻腔炎はひどくなると口臭がするようになると知っていたので、ひどくなって周りに迷惑をかけてしまう前に治療しようと病院に行きました。

まずカメラで鼻の中の診察をしてもらいました。

黄色い鼻水が見える事を教えて頂き、副鼻腔炎でしょうと言われました。

その後顔のレントゲンを撮り、頬とおでこのほうに膿が溜まっていることが分かり、副鼻腔炎と診断されました。

頭痛の原因も、おでこに溜まった膿によるものだと教えて頂きました。

初回は抗生物質のサワシリン、鼻水や痰を出しやすくするムコダイン、鼻水を抑えるアレグラが処方されました。

サワシリンを飲むと下痢をするかもと言われましたが私の場合は平気で、1週間後には頭痛がかなり軽くなっていました。

1週間後の2回目の診察の際は、ムコダインとアレグラのみの処方でした。

その後ムコダインだけは1ヶ月半ほど飲み続けましたが、副鼻腔炎の症状は治り匂いがしっかり感じられたり、喉に鼻水が流れ落ちている感覚もなくなりました。

(さらに…)

副鼻腔炎 | 01月27日更新
ribbon

副鼻腔炎口コミ「その日のうちに鼻づまりは解消されました」

しんさん 男性 20代

今年に入り鼻炎持ちはずっと学生の頃からあったのですが、春先から目が赤く腫れてしまい鼻も全く良くならずだったので一度病院で見てもらおうと思い診察を受けることにしました。
個人的には花粉症とかではないかなと思いました。
目がただ凄く赤く腫れてサングラスをしなくちゃ外に出られないほどだったので少しなんらかの病気を疑い怖さもあったので普段中々病院は苦手でいかないのですが診察をうけ検査してもらうことになりました。

実際に診察を受けた際すごく不安がっていたのですが先生が優しくみてくださり大丈夫という声を掛けていただいたのですごく楽に気持ちがなりました。
診察結果は花粉症とかではなく副鼻腔炎でした。
ウィルスが入りそこでアレルギー症状を起こしていたということでした。

治療をしたのですが、ネブライザーといって鼻に直接抗生物質を届きやすくするように吸って吸引するという方法をまずとり、様子を見ながらあとはマクロライドとという薬を処方してもらいそれを服用していました。
しかしネブライザー治療が良かったのかその日のうちに鼻づまりは解消され目の腫れも数日したらすっかり良くなって治ったので診察をして治療してもらい本当に良かったなと思います。

(さらに…)

副鼻腔炎 | 05月29日更新
ribbon

「副鼻腔炎」鼻のかみすぎに注意

ニコマルさん 女性 30代

以前から鼻づまりが気になっていたものの、痛み等の症状がなかったため、病院へ行ってなかったのですが、子供をお風呂に入れていて顔を近付けたら、カメムシの臭いがすると言われ、確かに鼻が臭いかもと思って病院に行くことにしました。
臭うようになってからは頬に多少の違和感と、痰がよく出るようになっていましたが、やはり痛みは全くありませんでした。
顔を近づけなくても、友人に会った時や、子供の学校の集まりで臭ったら嫌だったので診察を受けに行きました。

どのような治療で、どのような薬を使った方のかは専門家じゃないので、よくわかりませんが、上顎洞に膿が溜まっていたようで、1週間入院して手術をしました。
鼻から内視鏡のようなもので膿を全て吸い出し、手術は無事に終わりましたが、全身麻酔で手術をしたので恐怖しかありませんでした。
ただ、手術は成功したものの、原因が虫歯かもしれなくて、歯の根っこからも膿が出てきている状況だそうで、今後は歯医者通いになりそうです。
蓄膿症になった根本の原因を治さないと、また膿は溜まるそうです。
術後は麻酔が効いていたので痛みはありませんでしたが、麻酔がきれてからは、顔面の痛みとむくみがひどく、また鼻血が止まりませんでした。
その後1ヶ月間は、鼻水をかんではいけなかったり、何かと大変でした。

(さらに…)

副鼻腔炎 | 03月20日更新
ribbon

「副鼻腔炎」鼻炎から副鼻腔炎に発展することも

イエネコさん 女性 40代

季節によっては鼻づまりの症状があり、市販薬(抗アレルギー薬)で様子を見ていたのですが、季節を問わず、常に鼻づまりの症状がでるようになり、頭痛がひどくなってきたため、病院にかかりました。

また鼻づまり、頭痛以外にも就寝時に鼻水が喉に入ってしまい、咳が止まらなくなり、眠れなくなることもありました。
それ以外には日常生活において、匂いをあまり感じることができなくなる日もあり、そういう時は食べ物の味もわかりにくく、困ることがありました。

診察時はまず問診があり、その後鼻の中に小さなカメラを入れて、鼻の内部を確認されました。
カメラの映像は私も先生と一緒に見ることができ、鼻腔内で炎症が起こり、粘膜のむくみが認められるため、鼻づまりや匂いが感じることができないという症状が起こっているとのことでした。

また診察当日は鼻水が溜まっていたため、鼻水の吸引をしてもらい、その後炎症症状がひどいとのことだったので、炎症を抑える薬剤をネブライザーで吸引しました。

最初は3日おきに来院しながら、ネブライザーを実施し、炎症症状が落ち着いてきたら、週に1回ほど通院していました。
そして、飲み薬は抗生物質とセレスタミン錠、ナゾネックス点鼻薬を処方され、1か月ほど服用し、鼻づまりが改善されました。
(さらに…)

副鼻腔炎 | 02月14日更新