副鼻腔炎の口コミ「適切な処置をすればすぐ良くなる」 | 新宿駅前クリニックなどの耳鼻科の口コミ・評判

新宿駅前クリニックなどの耳鼻科の口コミ・評判
Home » 副鼻腔炎 » 副鼻腔炎の口コミ「適切な処置をすればすぐ良くなる」
ribbon

副鼻腔炎の口コミ「適切な処置をすればすぐ良くなる」

こさみさん 30代 女性

いつも風邪を引いた後、急性副鼻腔炎になっては自然に治るということを繰り返していました。

しかし今年の春に風邪を引いた後、しばらくたっても急性副鼻腔炎が治らず、どんどん頭痛がひどくなってしまいました。

更に喉のほうに鼻水が垂れている感覚があり、毎日とても不快に思うようになりました。

副鼻腔炎はひどくなると口臭がするようになると知っていたので、ひどくなって周りに迷惑をかけてしまう前に治療しようと病院に行きました。

まずカメラで鼻の中の診察をしてもらいました。

黄色い鼻水が見える事を教えて頂き、副鼻腔炎でしょうと言われました。

その後顔のレントゲンを撮り、頬とおでこのほうに膿が溜まっていることが分かり、副鼻腔炎と診断されました。

頭痛の原因も、おでこに溜まった膿によるものだと教えて頂きました。

初回は抗生物質のサワシリン、鼻水や痰を出しやすくするムコダイン、鼻水を抑えるアレグラが処方されました。

サワシリンを飲むと下痢をするかもと言われましたが私の場合は平気で、1週間後には頭痛がかなり軽くなっていました。

1週間後の2回目の診察の際は、ムコダインとアレグラのみの処方でした。

その後ムコダインだけは1ヶ月半ほど飲み続けましたが、副鼻腔炎の症状は治り匂いがしっかり感じられたり、喉に鼻水が流れ落ちている感覚もなくなりました。

リンカーンさん 40代 男性

突然、目の奥が痛くなり、「ほっておけば良くなるだろう」と思って放置していたら、鼻水もとまらず、頭痛もひどくなってきて、日常生活に支障をきたすレベルになり、仕事に行っても頭痛でどうにもなりませんでした。

「ただ事ではない」と思って、街の耳鼻科に診察に行った結果「急性副鼻腔炎」と診断されました。

しばらくその病院に通院しましたが、一向に回復の兆しが見えなかったので、総合病院の耳鼻咽喉科で再診してもらいました。

総合病院の耳鼻咽喉科で先生に診療してもらい、レントゲンと問診を兼ねて、改めて「急性副鼻腔炎」と診断されました。

「適切な処置をすれば、すぐ良くなりますよ」と言われて、ホッとひと安心。

まず、鼻から薬を吸引するタイプの医療機器で、溜まったバイキンをやっつける薬を吸引しました。

それだけで、今まで感じていた頭痛や目の奥の違和感、重たい感じがすっきりして、すごく楽になりました。

詳しい薬の名前はわかりませんが、その場で症状がなくなり、「念のために」と再び頭痛が起きた時の為に、鎮痛剤を処方して頂きました。

その後、週1のペースで通院し、鼻から薬を吸引する治療法を1ヶ月続けたら、完全に頭痛もなくなり、レントゲンを撮って調べてもらったら、「バイキンは消えましたね」と先生が太鼓判を押してくれました。

それから、全く頭痛はなくなり、普段通りの生活を送れるようになってよかったです。

副鼻腔炎 | 01月27日更新